館内紹介

札幌オリンピックの歴史と感動を体験しよう。

札幌オリンピックミュージアム館内の写真

冬季オリンピック。氷雪に刻まれた数々の物語。

札幌オリンピックミュージアムは、オリンピックやパラリンピックの歴史と感動を身近に体感できる施設として、
またウィンタースポーツの普及と発展を目的に開設されました。

札幌の街を熱くさせた選手たちの偉業、今に残る遺産。

館内は、オリンピック成り立ちの歴史や精神を伝える数々の展示、選手たちの偉業を称えるコーナーのほか、
冬季オリンピック札幌大会により設立された遺産を今に伝える展示など、
北の大地で繰り広げられた競技に思いを馳せることができます。

プロアスリートの闘いを体感しよう。

選手の視点で、オリンピック競技を体感できるアトラクションが6種類あり、シミュレーターを通じて、
氷雪の世界独特のスピード感や飛翔感を楽しめます。
アスリートたちの世界を楽しく知り、学ぶことができるミュージアムです。

阿部雅司名誉館長からのご挨拶

 平成28年10月からリニューアルのため約4カ月間休館していた「札幌ウィンタースポーツミュージアム」が、館名も新たに「札幌オリンピックミュージアム」として、2月21日にオープンすることとなり、秋元札幌市長より平成29年2月7日に名誉館長の委嘱を受け就任いたしました。

 昨年10月、オリンピックミュージアムネットワーク(OMM、スイス本部)への加盟が正式に認められ、世界各国のオリンピックミュージアムと連携を深めることのできる新たな施設として生まれ変わりました。

 リニューアルした施設には、オリンピックの躍動感や感動が味わえる大迫力のパノラマシアターや、1972年の札幌冬季オリンピックの軌跡をたどる展示に加え、オリンピック開催都市としてのレガシーをより深く次世代に継承していくため、古代オリンピックの誕生から近代オリンピックへの変遷やパラリンピックについてのコーナーも新設され、オリンピック・パラリンピックの歴史や理念について学べる魅力ある展示内容となっています。

 選手やコーチとしてオリンピックに参加した経験を踏まえ、北海道のオリンピアン・パラリンピアンと協力し、札幌オリンピックミュージアムからオリンピック・パラリンピックの素晴らしさを子供たちに伝えていきたいと思っています。
皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。

札幌オリンピックミュージアム
名誉館長

阿部 雅司
阿部 雅司名誉館長のサインと1994年リレハンメルオリンピックノルディック複合団体金メダルの写真

オリンピックに関わる施設を実際に体験することができます

展示・体験
札幌オリンピックレガシー

展示・体験
日本のオリンピアンコーナー
(メダリストグッズギャラリー)

展示・体験
スキージャンプ
大倉山

展示・体験
クロスカントリースキー・レース

展示・体験
ボブスレー滑走

展示・体験
テイクオフ・タイミング

展示・体験
エントランスホール

展示・体験
パノラマシアター

展示・体験
オリンピックスピリッツ